文化遺産オンライン

三大字「旧劫庵」

さんだいじ きゅうごうあん

作品概要

三大字「旧劫庵」

さんだいじ きゅうごうあん

/ 南北朝

石室善玖筆

南北朝時代・至徳3年(1386)

紙本墨書

1幅

 石室善玖は臨済宗の僧。筑前に生まれ、25歳で元に渡って古林清茂のもとで修行し、その奥義を授けられた弟子となった。帰国後は京の諸寺を歴住した後、関東で活躍した。この作品は至徳3年(1386)の年号から、没する3年前の93歳の筆跡と知られる。 
ルビ:くりんせいむ おうぎ(2006/02/07_h033)

三大字「旧劫庵」をもっと見る

石室善玖筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

古林 / 清茂 / 石室 /

関連作品

チェックした関連作品の検索