文化遺産オンライン

加田家住宅社

かだけじゅうたくやしろ

概要

加田家住宅社

かだけじゅうたくやしろ

住居建築 / 昭和以降 / 近畿 / 和歌山県

和歌山県

昭和前/1926-1988

木造平屋建、銅板葺、建築面積1.1㎡

1棟

和歌山県和歌山市薮ノ丁6

登録年月日:20070515

登録有形文化財(建造物)

敷地の北東隅,石積基壇の上に祀られる。一間社流造,見世棚造の形式で,銅板葺とする。土台に立つ角柱を長押で固め,舟肘木で桁を受ける。軒は一軒繁垂木,妻は豕扠首形式。柱,舟肘木,桁は面を大きく取り,檜の良材で丁寧につくり,技術的にも優秀。

加田家住宅社をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ / 肘木 / 板葺

関連作品

チェックした関連作品の検索