葛野常喜家住宅蔵 くずのじょうきけじゅうたくくら

住居建築 / 江戸 / 近畿 

滋賀県
江戸/1751-1829
土蔵造2階建、鉄板葺、建築面積34㎡
1棟
滋賀県大津市葛川坊村町102
登録年月日:20020214
登録有形文化財(建造物)

敷地の南西角に東面して建つ。2階建,土蔵造,平入,置屋根,桟瓦型鉄板葺で,戸口及び北妻面の2方に下屋を付す。小規模だが細部まで丁寧な造りで保存状態も良い。高く張った焼板と漆喰塗の対比が鮮やかな外観は明王院参道の景観形成の主要素となっている。

作品所在地の地図

関連リンク

葛野常喜家住宅蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

葛野常満家住宅蔵
葛野常喜家住宅主屋
渡邉家住宅中蔵
佐藤利衛家住宅土蔵
佐藤亮家住宅土蔵
ページトップへ