大道旧山本家住宅主屋 だいどうきゅうやまもとけじゅうたくしゅおく

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 近畿 

大阪府
江戸/1830-1867
木造平屋建、茅葺一部瓦葺、建築面積135㎡
1棟
大阪府南河内郡太子町山田1797
登録年月日:20020821
太子町
登録有形文化財(建造物)

堺と大和を結ぶ竹内街道に面して屋敷を構える旧家。主屋は桁行7間梁間5間で北西を正面とし,差鴨居を用いた構造手法などから江戸末期の建築と推定される。切妻造で中央茅葺,両側を本瓦葺としたいわゆる大和棟で,旧街道に相応しい景観を構成している。

作品所在地の地図

関連リンク

大道旧山本家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大道旧山本家住宅離れ
大道旧山本家住宅蔵
辻家住宅主屋
萩原家住宅主屋
山本家住宅主屋
ページトップへ