願興寺本堂 がんこうじほんどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 安土・桃山 / 中部 

岐阜県
桃山/1581
桁行七間、梁間五間、一重、寄棟造、向拝一間、鉄板葺
1棟
岐阜県可児郡御嵩町御嵩
重文指定年月日:19860524
国宝指定年月日:
願興寺
重要文化財

願興寺は旧中仙道御嶽宿にある天台宗の寺院で、蟹薬師の名で知られている。 本堂は正面の柱間が七間、奥行の柱間が五間の規模の大きい仏堂で、四周一間通りを開放とする類例の少い平面をもつ。近郷の百姓たちが力を合わせて建立したもので、当時の庶民信仰の活力が感じられる貴重な遺構である。

作品所在地の地図

関連リンク

願興寺本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

本遠寺 本堂
志度寺 本堂
正法寺 本堂
本遠寺 鐘楼堂
松苧神社本殿
ページトップへ