桜堂薬師本堂 附宮殿 さくらどうやくしほんどう つけたりくうでん

その他の画像全10枚中10枚表示

建造物 / 江戸 / 中部 

岐阜県
江戸前期/1667
本堂は南面、桁行5間、梁間5間、寄棟造、銅板葺き、前面中央に1間の向拝を付け、周囲に落縁を巡らせる。平面は、前2間通りを外陣とし、後方の中央間口3間、奥行2間を内陣とし…
高さ12m、幅12.9m、奥行き12.2m
1棟
岐阜県瑞浪市土岐町5728番地
瑞浪市指定
指定年月日:20120703
有形文化財(建造物)

参考資料として添付ファイル有(フォルダ51(瑞浪市文化財審議会答申書(写し)、画像イメージ、報告書)

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

桜堂薬師本堂 附宮殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

桜堂薬師仁王門
論栃ハナノキ自生地
隣松寺本堂 附・棟札二枚
美濃の地歌舞伎衣裳
のぞきからくりの看板絵と中ネタ
ページトップへ