旋帯文石/岡山県倉敷市矢部楯築遺跡出土 せんたいもんせき

考古資料 / 弥生 / 中国・四国 

弥生
1箇
重文指定年月日:19820605
国宝指定年月日:
登録年月日:
鯉喰神社
国宝・重要文化財(美術品)

本遺品は、約三五〇キログラムの石灰岩系の岩石に人面を刻み、体部全体に帯状の紐を旋回させ束縛したような文様を精緻に彫成したものである。この文様は弥生時代の祭祀儀式に用いられた大形器台と同種で、祭祀、呪術的な様相を漂わせた、他に例のない遺品である。弥生時代社会をみるうえに欠かせない重要な遺品であるとともに、原始工芸の一水準をも示している。

関連リンク

旋帯文石/岡山県倉敷市矢部楯築遺跡出土チェックした作品をもとに関連する作品を探す

新潟県村尻遺跡出土品
銅戈
特殊器台/岡山県総社市宮山遺跡出土
動物形土製品/北海道千歳市美々第四遺跡出土
福岡県栗田遺跡祭祀遺構出土土器
ページトップへ