戯瓢踊 けほんおどり

その他の画像全4枚中4枚表示

無形民俗文化財 / 近畿 

選択年月日:19741204
保護団体名:戯瓢踊保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 これは和歌山県御坊市薗に伝承されているもので、十月五日小竹八幡神社の祭礼に、別院堂前及び美里町浜之瀬の御旅所で老若男女七、八十人によって踊られる。
 紀州九代藩主徳川治貞より贈られた御書(四恩状)を読み上げ、続いて長さ三尺の天然の大奇瓢を先頭に、太鼓、鼓、鉦、小さい瓢などを持った者が、歌につれて二列に対向したり、円陣になったりして踊る。
 ケホンのほかにキョヒョン、ケヒョンなどとも称するが、いずれも瓢を叩く音から来ている。本来、鉢叩きの遺風とされ、歌は空也作と伝える鉢叩きの歌をうたう。一説には毛坊主をケボンと称するゆえに、毛坊主の芸能であるともいう。念仏系の踊として特色の濃いものである。

関連リンク

戯瓢踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

現和の種子島大踊
足柄ささら踊
大瀬の太鼓踊
オーモンデー
上神谷のこおどり
ページトップへ