上神谷のこおどり にわだにのこおどり

無形民俗文化財 / 近畿 

選択年月日:19720805
保護団体名:堺こおどり保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は、大阪府堺市南区鉢ヶ峯寺に伝承されるもので、もとは雨乞踊として踊られたともいうが、現在は片蔵の桜井神社の秋祭のおりに行なわれる。
 芸能は、中踊(鬼神、天狗)と外踊(新発意、太鼓打、カンコ、扇ふり、音頭取)で構成され、まず当屋で一踊りしたあと、道唄をうたいながら神社に練り込み、神前に向って半円形に整列し、音頭取の歌にあわせてあひき踊、やかた踊などを踊る。
 また、この踊の拍子にはデンツ拍子、四ツ拍子などがあり、音楽的にも特色あるものである。
 さらに、踊の終了後、鬼神の背負うヒメコと呼ぶ神籬(ひもろぎ)を奪いとり、門口にさして魔除けにするという民俗がのこっている。

関連リンク

上神谷のこおどりチェックした作品をもとに関連する作品を探す

下水流の臼太鼓踊
寒水の掛踊
洲崎踊
越路の雨乞踊
勝手神社の神事踊
ページトップへ