文化遺産オンライン

鉄製衝角付冑

てつせいしょうかくつきかぶと

作品概要

鉄製衝角付冑

てつせいしょうかくつきかぶと

金属製品類 / 飛鳥 / 岩手県

飛鳥時代/7世紀

上田蝦夷森古墳群1号墳出土

岩手県指定有形文化財

蝦夷(エミシ)と呼ばれた北東北の人々の首長の墓「末期古墳」の主体部から副葬品として土師器甕・刀子・錫製の耳輪などとともに出土しました。古代の鉄冑としては国内最北の出土例で,東北地方で現存する唯一のものです。

鉄製衝角付冑をもっと見る

盛岡市遺跡の学び館をもっと見る

キーワード

古墳 / / 衝角 / 出土

関連作品

チェックした関連作品の検索