梅ヶ谷津稲荷社 うめがやついなりしゃ

住居建築 / 江戸 / 九州 

長崎県
江戸/1833
石造、高さ1.0m、石造鳥居付
1棟
長崎県平戸市明の川内町348
登録年月日:20051226
登録有形文化財(建造物)

敷地の南西に位置する。屋根の反りが強調された高さ1.0mの小規模な石造の祠と,間口1.3m,高さ2.2mの石造の明神鳥居からなり,共に年紀が陰刻される。藩主松浦熈が定めた平戸島88箇所の第4番札所として親しまれている。

作品所在地の地図

関連リンク

梅ヶ谷津稲荷社チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梅ヶ谷津偕楽園石塀及び石段
武重本家酒造及び武重家住宅屋敷神鳥居
梅ヶ谷津偕楽園石垣
梅ヶ谷津偕楽園主屋
讃留霊王神社鳥居
ページトップへ