双口土器 そうこうどき

土器・土製品類 / 縄文 / 新潟県 

縄文時代
新潟県立歴史博物館

縄文時代中期の火炎土器様式の時期(約5000年前)よりやや古い時代の土器です。二つの大きな注ぎ口がある大変めずらしい形をしています。この土器が出土した山下遺跡は長岡市柿町にある遺跡で、火炎土器様式の始まりを明らかにする上でカギになる遺跡と見られています。

作品所在地の地図

関連リンク

双口土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

新潟県小千谷市 俣沢(またさわ)遺跡出土土器
北斗遺跡
岩内東山円筒土器文化遺跡
馬高・三十稲場遺跡
半田山遺跡出土土器棺
ページトップへ