アイヌ丸木舟および推進具 あいぬまるきぶねおよびすいしんぐ

木簡・木製品類 / 北海道 

北海道
アイヌ文化期
苫小牧市博物館 苫小牧市末広町3丁目9番7号
苫小牧市営バス市民文化公園前バス停前、苫小牧市教育委員会 0144-32-6111
苫小牧市博物館
北海道指定有形文化財

・昭和41年(1966)に苫小牧市沼ノ端の勇払川河岸から丸木舟が河川用3艘と海漁用2艘、そしてアイヌ所有の標識のある櫂・棹などの推進具が発掘されました。
・丸木舟のうち、最大のものは全長9.03メートル、最小のもので6.5メートルあります。完全な刳舟(1本の木を刳って作った舟)で、カツラ・ヤナギ・アオダモの木で作られています。また、海漁用の2艘の両ふなべりには、波よけのために板を木の繊維で綴りあわせるための小穴が、1艘は70個、他の1艘は40個あけられています。
・寛文7年(1667)の爆発のときに降灰した樽前B火山灰層下部に埋没したいたことから、その年代が約300年以前と推定されています。
・大型の丸木舟が5艘もつながれた状態で発掘され、古文献の史実を裏付ける意味からも貴重な資料です。

関連リンク

アイヌ丸木舟および推進具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

アイヌのまるきぶね(河沼用)
アイヌの丸木舟
アイヌの丸木舟

アイヌ民族

開拓使三角測量勇払基点
種子島のまるきぶねの製作習俗
泊のまるきぶね
ページトップへ