魚叩き棒(イサパキクニ) うおたたきぼう(いさぱきくに)

権利者:北見市教育委員会

考古資料  木簡・木製品類 / 日本  北海道  北海道 

アイヌ文化
常呂川河口遺跡
北見市教育委員会

アイヌ文化期のものと考えられる木製品。サケ漁で使われた魚叩き棒(アイヌ語で「イサパキクニ」)と考えられるもので、写真中最大のもの(写真奥)で48.5cmの長さがある。
1739年の樽前a火山灰より下の層から出土したことから、それ以前の時期のものと推定される。地下水に浸かった層に埋まっていたため腐敗を免れて残ったものであり、乾燥による変形を防ぐため高級アルコール法により保存処理されている。

作品所在地の地図

関連リンク

魚叩き棒(イサパキクニ)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花矢(ヘペレアイ)
曲物断片
アイヌ丸木舟および推進具
常呂遺跡
岩宿遺跡
ページトップへ