岩宿遺跡 いわじゅくいせき

その他の画像全4枚中4枚表示

史跡 / 関東 

群馬県
みどり市笠懸町
指定年月日:19790817
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 本遺跡は、赤城山の東南方、渡良瀬川右岸地域の小独立丘陵上にあって、丘陵の北部は稲荷山、南部は山寺山及び金比羅山と呼ばれる。稲荷山と山寺山を分ける低い鞍部には町道が通るが、相沢忠洋が始めて石器を発見したのは、昭和21年頃、この道路の切通しにおいてであるといわれており、昭和24年の明治大学の調査では、切通しの北側はA区、南側はB区と命名され、A区において上下2層の石器文化層が確認されたのである。下層の岩宿I文化と呼ばれる石器群は、地表下約1.5メートルの中部ローム最上部の暗色帯中に含まれており、楕円形の石斧2点の他、掻器類・刃器状剥片・石核があって、石材には主に頁岩[けつがん]が用いられている。同層からは多数の自然礫やクリ材の炭化物もみられた。この暗色帯の最上部にはAT火山灰がみとめられ、岩宿I文化の年代は2万年前以前に溯ると考えられる。岩宿II文化は、上部ローム層中に含まれる切出状のナイフ形石器を指標とする文化で、瑪瑙・頁岩・黒耀石・安山岩など多様な石材が用いられている。
 なお、丘陵の一部には、繩文土器の包含された地点や岩宿I文化よりも古い石器文化を探索するために調査された地点なども含まれている。
 本遺跡は、確実な人工品として学界で広く承認された石器の中でもきわめて古い部類に属する石器群を出土し、日本文化の起源が旧石器時代にまで溯ることをはじめて立証した遺跡として著名であるので、指定し保存をはかるものである。

作品所在地の地図

関連リンク

岩宿遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

上野忍岡遺跡群出土旧石器時代資料一括
地蔵平遺跡出土石器
大森勝山遺跡出土の旧石器
岐阜第二遺跡出土石器
日向洞窟
ページトップへ