江差町姥神神社祭礼山車神功山人形及び付属品 えさしちょううばがみじんじゃさいれいだしじんぐうやまにんぎょうおよびふぞくひん

有形民俗文化財 / 江戸 / 北海道 

北海道
江戸時代/1745
江差町 神功山保存会
姥神神社祭礼(8月9~11日)で見ることができます、江差町教育委員会 0139-52-1047。
北海道指定有形民俗文化財

・神功山は姥神神社祭典に供奉される山車で、人形は宝暦4年(1745)に作られました。箱書きに、細工師の名前が書かれており、京都の人形問屋松屋七郎兵衛に納められたと伝えられています。
・御首の容貌に対する評価は高く、当時の職人技術の高さを反映しており、現在に至っても、その様子は変わることなく残されています。
・人形と同時に、付帯する衣装等も同時に保存されており、祭典に欠かせない貴重な存在となっています。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

江差町姥神神社祭礼山車神功山人形及び付属品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

江差町姥神神社祭礼山車松宝丸
姥神大神宮渡御祭
日立風流物
五勝手鹿子舞
日立風流物
ページトップへ