吉備津神社御釜殿 きびつじんじゃおかまでん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 安土・桃山 / 中国・四国 

岡山県
桃山/1612
桁行七間、梁間三間、一重、入母屋造、本瓦葺
1棟
岡山県岡山市吉備津
重文指定年月日:19800126
国宝指定年月日:
吉備津神社
重要文化財

吉備津神社は吉備国の一の宮で、本殿及び拝殿が国宝、門二棟が重要文化財に指定されている。 古くから伝わる「鳴釜の神事」を行う建物で、棟札写しや鬼瓦銘により再建年代が分かる。 入毋屋造、本瓦葺で、木割が太くて質が良く、軒を隅扇垂木とするなどの特色がある。中世以来の伝統をもつ異色の建物で、類例の稀な遺例である。

作品所在地の地図

関連リンク

吉備津神社御釜殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉備津神社本殿及び拝殿
貫前神社 本殿
貫前神社 拝殿
吉備津神社南随神門
妙義神社 本殿・幣殿・拝殿
ページトップへ