水城跡 みずきあと

その他の画像全2枚中2枚表示

城跡 / 九州 

福岡県
664年~
太宰府市、大野城市、春日市
指定年月日:19210303
管理団体名:太宰府市(大11・5・23),大野城市(大11・5・23)
史跡名勝天然記念物

天智天皇ノ三年ニ築ク所ニシテ大陸方面ニ於ケル我國勢ノ變化ト共ニ對外關係ノ防備ト爲セシモノナリ 現在東西ノ兩丘陵ヲ連接シテ堤防ノ形ヲ存シ長サ八丁許中央ニ御笠川貫流ス
曩ニ指定セシ地域ニ接續シ木材ヲ以テ構築セル疏水渠及水門ノ遺構ヲ存スルニ依リ追加指定セントス
天智天皇三年に太宰府防備のため、その西方に築かれたものである。博多から太宰府の前面を過ぎって南東に延びる平野部を最も狹い地点で遮断したものであって、東西の両丘陵を連接して堤防の形を存し、中央に御笠川が貫流している。城門が設けられ、水城の東端部の路傍にその東門の礎石が一個遺存している。水城が水を如何に貯えたかについては異論もあるが、史上特に著名なものであり、学術上極めて価値の高い遺跡である。
S52-12-046水城跡.txt: 天智天皇称制3年に築かれた水城は、大正10年3月3日に史跡に指定され、その後も3次にわたり追加指定してきたが、さらに次の部分を追加指定する。
 (1)大野城が築かれている通称四天王寺の尾根が低く西方に延びて大土塁の東端に達する部分にある土塁(太宰府町所在)、(2)牛頸丘陵に接する大土塁西端の土塁(太宰府町・大野城市所在)、(3)昭和47年及び昭和50年の発掘調査の結果明らかになった大土塁外側(博多湾側)の濠の一部(太宰府町・大野城市所在)、(4)天神山水城と通称されている土塁と天神山(春日市所在)。
S51-12-023[[水城跡]みずきあと].txt: 天智天皇称制3年に築かれた水城跡は、大正10年3月3日史跡指定され、昭和28年3月31日には特別史跡として指定され、過去2次にわたり追加指定されて来たが、昭和49年に追加…

作品所在地の地図

関連リンク

水城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

春日山城跡
大宰府跡
杣山城跡
山中城跡
一乗谷朝倉氏遺跡
ページトップへ