Naganoboridozanato

長登銅山跡

Details

Naganoboridozanato

長登銅山跡

史跡 / 中国・四国

山口県

美祢市

指定年月日:20030725
管理団体名:

史跡名勝天然記念物

長登銅山跡は、山口県のほぼ中央、国定公園秋吉台の東南麓に位置する。この地に は,東西1.6km、南北2kmの範囲内に奈良時代から昭和期にかけての多数の銅、 コバルト、孔雀石、鉄鉱石等の採鉱跡や精錬所跡が知られているが、大切谷と呼ばれ る小谷とその周囲の斜面地には古代の銅の採鉱跡・精錬所遺跡などが所在するととも に、大量の精錬滓(からみ)が堆積している。
 長登には、「奈良の大仏に銅を献上したので、奈良登と呼ばれていたのものが、訛 って長登になった」という地名伝説があったが、昭和47年、町史編纂のための調査 で、奈良時代後半の土器とからみが採集されたことを契機に、美東町教育委員会によ る調査が開始された。平成10年度までに、多次にわたる分布調査、発掘調査が行な われ、遺跡の範囲や内容が確認されることとなった。さらに、昭和63年には,奈良 東大寺出土の大仏建立時の青銅塊の理化学分析が行なわれ、長登銅山産銅であること が判明した。
 銅山跡の中心的位置にある大切精錬遺跡は、大切谷内の小丘陵を檀状に整地し、そ こに、水を利用した選鉱作業場や一辺3mの方形区画の中心に炉を設置した精錬作業 場、大溝、暗渠排水溝、柵などを設けたもので、銅のほか、鉛などの生産・管理等に あたったものと推定される。出土遺物も豊富で、土器類のほか、要石、石槌、銅から み、炉壁片、羽口、坩堝、銅・鉛の小片、銅鉱石等の精錬関係遺物や、800点余り の木簡、多量の木製品、自然遺物なども出土している。出土遺物の分析から、遺跡は 主に8世紀初頭から11世紀にかけてのもので、時代が下るに…

Related Works

Search items related to work chosen