八幡神社 本殿 はちまんじんじゃ ほんでん

宗教建築 / 江戸 / 東北 

山形県
江戸前期/1638
一間社流造、銅板葺
1棟
山形県新庄市大字鳥越宇駒場
重文指定年月日:19861220
国宝指定年月日:
八幡神社
重要文化財

八幡神社の社殿は流造の本殿の前面に拝殿が後れて建立され、中間に幣殿を造って接続したもので、いずれも新庄藩主戸沢氏によって造営された。
 本殿は大型の一間社流造で妻を力士や鬼面の彫刻で飾り、各部に文様、彩色を施すなど、華やかな意匠の木太い建物である。
入母屋造の拝殿も藩主による造営だけに技法、意匠ともみるべきものがある。

作品所在地の地図

関連リンク

八幡神社 本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

櫛引八幡宮 本殿
櫛引八幡宮 末社神明宮本殿
相馬中村神社本殿・幣殿・拝殿
大矢田神社 本殿
八幡神社 本殿、幣殿、拝殿
ページトップへ