本岡家住宅内門及び築地塀 もとおかけじゅうたくうちもんおよびついじべい

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 中部 

石川県
明治/1902頃
内門 木造、瓦葺、間口2.0m、築地塀 土塀、瓦葺、延長5.4m
1棟
石川県金沢市元町2-7-7
登録年月日:20060327
登録有形文化財(建造物)

主屋の北側東端に隣接して建ち,間口2mの木造棟門の両脇に土塀を続ける。門は切妻造,桟瓦葺で,両開きの戸を開く。塀は基礎を切石積みとし,桟瓦葺屋根の土塀で,延長5.4mとする。主屋北側の庭と前方の空間を分け,主屋の正面の景観を形成する。

作品所在地の地図

関連リンク

本岡家住宅内門及び築地塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

室木家住宅門及び塀
宮武家住宅(江戸そば日月庵)内門及び塀
森島家住宅門
坂口家住宅門及び塀
大屋家住宅表門
ページトップへ