文化遺産オンライン

太刀〈銘吉家作/〉

たち〈めいよしいえさく〉

概要

太刀〈銘吉家作/〉

たち〈めいよしいえさく〉

工芸品 / 平安 / 近畿 / 京都府

吉家

京都府

平安

鎬造、庵棟、区を少し磨き上げているが、優美な反と肉置が見られる。地は小板目約り、細かに沸え、刃文は小乱れ連れてやや小ずみ、丁子交じり、小足入り、沸付き帽子は乱れ込み、浅く返る。茎は、ほとんど生ぶで先は切、浅い勝手下がりの鑢目付き、目釘孔三。

身長74.5  反り2.3  元幅2.7  先幅1.9 (㎝)

1口

京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527

重文指定年月日:19390527
国宝指定年月日:
登録年月日:

独立行政法人国立文化財機構

国宝・重要文化財(美術品)

三条吉家の作と伝える名刀で、現存する同作中では保存状態の良好な太刀である。

太刀〈銘吉家作/〉をもっと見る

吉家をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ / / 京都

関連作品

チェックした関連作品の検索