高龍寺金毘羅堂 こうりゅうじこんぴらどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 大正 / 北海道 

北海道
大正/1917/1996改修
木造平屋建、瓦葺、建築面積115㎡
1棟
北海道函館市船見町21-3
登録年月日:20120223
宗教法人高龍寺
登録有形文化財(建造物)

山門の東に西面して建つ桟瓦葺の堂。縦長平面の内陣正面に、方3間、入母屋造平入の大間を接続して丁字形をなし、南東に外単を張出す。大間の正面には軒唐破風付の向拝を付し、千鳥破風を重ねる。澤田吉平を棟梁とし、高龍寺境内で最も装飾的な建築のひとつ。

作品所在地の地図

関連リンク

高龍寺金毘羅堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高龍寺水盤舎
高龍寺位牌堂
高龍寺鐘楼
高龍寺山門及び袖塀
高龍寺本堂
ページトップへ