Koryuujisammonoyobisodehei

高龍寺山門及び袖塀

Details

Koryuujisammonoyobisodehei

高龍寺山門及び袖塀

宗教建築 / 明治 / 北海道

北海道

明治/1910頃/1997改修

山門 木造、瓦葺、面積35㎡ 袖塀 木造、瓦葺、総延長29m、潜戸付

1棟

北海道函館市船見町21-3

登録年月日:20120223

宗教法人高龍寺

登録有形文化財(建造物)

境内正面に北面して建つ入母屋造桟瓦葺の木造8脚門で、軸部は禅宗様を基調とし、門の左右に桟瓦葺の袖塀を延ばす。本堂を手がけた篠田宗吉の次代となる5代宗吉が棟梁を務めた。蟇股や欄間等に、雲龍や獅子、花鳥等の彫刻を施す、装飾豊かな門である。

Related Works

Search items related to work chosen