文化遺産オンライン

真龍寺山門

しんりゅうじさんもん

作品概要

真龍寺山門

しんりゅうじさんもん

宗教建築 / 昭和以降 / 中部

岐阜県

昭和中/1948

木造、瓦葺、間口2.8m

1棟

岐阜県岐阜市長良2509-1

登録年月日:20221031

登録有形文化財(建造物)

浄土真宗寺院の境内南正面に開く山門。切妻造桟瓦葺、二軒繁垂木の薬医門で、袖塀に潜りを設ける。正面蟇股は精緻な龍を彫り、内部に小組格天井を張る。鐘楼棟梁の弟子の作で、地元大工の仕事ぶりを伝え、百々ケ峰を背にして地域の歴史的景観を形成する。

真龍寺山門をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

山門 / / 瓦葺 / 繁い

関連作品

チェックした関連作品の検索