絹本著色十王図〈陸信忠筆/〉 けんぽんちゃくしょくじゅうおうず

その他の画像全10枚中10枚表示

絵画 /  / 近畿 

陸信忠
奈良県
10幅
奈良国立博物館 奈良県奈良市登大路町50
重文指定年月日:19770611
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

 わが国にもたらされた陸信忠【りくしんちゆう】の十王図は、その数少なくないが、いずれも南宋時代終りから元時代の初め頃、中国寧波【にんぼう】附近の仏画工房の作と考えられ、当時における仏画制作の状況を示すものとして注目される。またわが国の十王図に影響を与えたものとして重要な意義をもっている。
 本図は類品中、画面もより大きく、描写も丁寧でかつ優れ、陸信忠筆十王図の重要な一作にあげられる。もと紀州有田郡南村西法寺に伝来したものである。

作品所在地の地図

関連リンク

絹本著色十王図〈陸信忠筆/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

十王図
十王図

陸仲淵筆

仏涅槃図
仏涅槃図

陸信忠筆

十王図
十王図

陸信忠筆

絹本著色十王像〈陸仲淵筆/閻羅王、泰山王、五道転輪王〉
閻羅王図(十王図のうち)
ページトップへ