諸鈍芝居 しょどんしばや

その他の画像全10枚中10枚表示

無形民俗文化財 / 九州 

鹿児島県
指定年月日:19760504
保護団体名:諸鈍芝居保存会
備考:
重要無形民俗文化財

大島郡瀬戸内町諸鈍の十五夜祭のおり(旧八月十五日)に行われる地狂言(村芝居・村踊)の一種で、近世の小歌踊などの影響も受け入れ、さらに当地風に整備した芸態は、地方的特色も顕著である。まず、演者一同海でみそぎをしたあと、大鈍【ちょん】神社境内の踊場ヘナンバンの振りで練り込み、楽屋入をする。やがて拍子木を合図に長者大主【おおぬし】が登場し、祝言を述べ次の上演曲目を紹介する。曲目には、「三番叟」「此処は節」「兼好節」「獅子舞」「蛇おどり(人形芝居)」など十余曲がある。踊、狂言、人形などの芸能構成やその芸態には古歌舞伎を思わせる。

作品所在地の地図

関連リンク

諸鈍芝居チェックした作品をもとに関連する作品を探す

綾子踊
綾子踊
奈佐原文楽
阿万の風流大踊小踊
永井の大念仏
ページトップへ