旧高松宮翁島別邸(福島県迎賓館) 玄関棟 きゅうたかまつのみやおきなしまべってい(ふくしまけんげいひんかん) げんかんとう

その他の画像全7枚中7枚表示

住居建築 / 大正 / 東北 

福島県
大正/1922
木造、建築面積155.3m2、銅板葺
1棟
福島県耶麻郡猪苗代町大字翁沢字畑田1072番4号
重文指定年月日:19990513
国宝指定年月日:
福島県
重要文化財

旧高松宮翁島別邸は,猪苗代湖の北西,翁島を望む小高い丘の上に位置する。棟札から大正11年の上棟が明らかで,設計は宮内省内匠寮,担当は宮内技師木子幸三郎である。
 居住用空間である居間棟,事務部門及び接客空間を持つ玄関棟,使用人のための空間である台所棟が廊下を介して接続した皇族用住宅の標準的な構成をもち,建設当初から大きな改造もなく良く保存されている。檜の良材を随所に用い,釘隠しに意を凝らすなど質も高く,和風の意匠でつくられた大正期の皇族用別邸の一典型として価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

旧高松宮翁島別邸(福島県迎賓館) 玄関棟チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧高松宮翁島別邸(福島県迎賓館) 居間棟
旧高松宮翁島別邸(福島県迎賓館) 台所棟
天鏡閣 表門
天鏡閣 別館
天鏡閣 本館
ページトップへ