萩野・仁田山鹿子踊 おぎのにたやまししおどり

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 東北 

選択年月日:19761225
保護団体名:萩野、仁田山鹿子踊保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

萩野と仁田山の両部落に伝承されている鹿子踊で、新庄祭の三日目にあたる八月二十六日、戸沢神社に奉納される。このほか不定期に演じられることもある。一人立ちの鹿子七匹による踊で、いずれも頭から爪先まで垂れた長幕をかぶり、股引にわらじをはく。七匹の鹿子は、中鹿子、勝鹿子、負鹿子、谷の牡鹿子、前の牡鹿子が各一匹、後の牡鹿子が二匹である。囃子方は歌い手二人で、手に太い割り竹ざさらを持ち、それをすりながら歌う。曲には庭入り(マリコとも)、館まいり、狂い、投草、引き庭などがある。振りの美しい鹿子踊で、この地方に多い鹿子踊の中でも特色のあるものである。

関連リンク

萩野・仁田山鹿子踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉左右踊・太鼓踊
川前鹿踊・川前剣舞
本地の花笠踊
大杉のざんざこ踊
西祖谷の神代踊
ページトップへ