文化遺産オンライン

尾花に葛蒔絵硯箱

おばなにくずまきえすずりばこ

作品概要

尾花に葛蒔絵硯箱

おばなにくずまきえすずりばこ

漆工 / 安土・桃山 / 日本

日本

桃山時代/16世紀

高6.3 縦23.7 横22.0

1合

文化庁分室 東京都台東区上野公園13-9

国 (文化庁)

尾花・葛・露といった秋の景物を、平蒔絵・絵梨地・付描・針描などの技法で表した、いわゆる高台寺蒔絵の硯箱で、平蒔絵と絵梨地によってあらわされた葉脈や大振りの露なども、その特色をよく示している。

尾花に葛蒔絵硯箱をもっと見る

国(文化庁 美術工芸品)をもっと見る

キーワード

蒔絵 / 硯箱 / 台東 /

関連作品

チェックした関連作品の検索