塩原の大山供養田植 しおはらのだいせんくようたうえ

無形民俗文化財 / 中国・四国 

広島県
指定年月日:20020212
保護団体名:小奴可地区芸能保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 塩原の大山供養田植は、太鼓や歌でにぎやかに囃【はや】しながら共同で行う田植である。田植とあわせて、牛馬守護の大山【だいせん】信仰を背景に牛馬供養も行うので大山供養田植と呼んでいる。
 広島県比婆郡東城町は同県の東北部で岡山県との県境にあたる。塩原地区は同町北部の山あいの集落である。塩原周辺は農耕とともに砂鉄製鉄が行われ、牛馬は農作業に加えて木炭や鉄の運搬でも重要であった。塩原地区の東南に多飯【おおい】が辻【つじ】山があり、その山頂近くに牛馬守護の信仰を集める鳥取県の大山【だいせん】神社を迎えた大仙【だいせん】神社がある。
 農作業のなかでも田植は、機械化が進む前は大勢の人手が必要であった。東城町では何軒かの農家が共同で田植を行った。その田植では、太鼓を打ち田植歌を歌って田植作業を先導する役の者が一人は加わっていた。同地域では、そのように太鼓と歌で囃す田植をタイコタウエやタイコダ、シゴトダなどと呼び昭和二十年(一九四五)ころまで続けていた。また地域の田植の最後に、大地主の田などではオオタウエと呼ばれる田植の締めくくりの祝祭的で大規模な田植があった。大山供養田植は、オオタウエと牛馬供養の大山信仰が組みあわさつた特別な田植である。
 塩原の大山供養田植は、田植の終わる時期に適当な田を決めて随時行われてきた。昭和五十年(一九七五)に記録作成等の措置を講ずべき無形民俗文化財に選択されてからは昭和五十一年(一九七六)、同五十五年(一九八〇)に行われ、同六十年(一九八五)からは四年目ごとに、塩原地区の石【いし】神社の前の田で公開されている。
 この供…

作品所在地の地図

関連リンク

塩原の大山供養田植チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大山供養田植
はやし田
安芸のはやし田
新庄のはやし田
都々古別神社の御田植
ページトップへ