天球儀 てんきゅうぎ

その他 / 佐賀県 

ファルク工房
オランダ
1750
総高34.5cm、球径24.8cm
1台
佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1 武雄市図書館・歴史資料館
武雄市
重要文化財

 武雄鍋島家旧蔵の資料で、四脚四柱の上に球体があり、球面に銅版刷りで大熊座や小熊座・さそり座など宇宙の星々に、ギリシャ神話に登場する人物や動物が重なって描かれている。総高34.5cm、球径24.8cmで木箱に納められている。
 球面に刷り込まれた銘によると、1750年製で、当時アムステルダムで活躍していた地図・球儀製作者のヘラルト・ファルクとレオナルト・ファルク父子の作であることがわかる。箱書きには、「天保十五年辰春」の墨書があり、この年(1844)に地球儀とともに鍋島家にもたらされたと考えられる。
 本資料は、希少性や武雄が西洋文化や科学の導入に熱心であり、先駆性を示す資料として貴重である。

関連リンク

天球儀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

地球儀
地球儀

ファルク工房

皆春齋御絵具
望遠鏡
獅子置物
武雄の蘭書
ページトップへ