雪の結晶模様煎茶碗 ゆきのけっしょうもようせんちゃわん

その他 / 江戸 / 佐賀県 

江戸時代後期
磁器
径9cm、高さ7cm
2客
佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1 武雄市図書館・歴史資料館
武雄市
未指定

 武雄城(塚崎城)の三ノ丸跡に置かれた登り窯で焼成されたと伝える。箱書には「三ノ丸窯染付 顕微鏡使用雪ノ結晶写生絵模様」とある。武雄鍋島家資料の「顕微鏡」で覗いた雪の結晶を意匠化したとすれば興味深い。
 下総国古河の藩主土井利位が、天保3(1832)年に20年にわたって観察した成果を纏め『雪華図説』を刊行して以来、雪の結晶は、当時の人々に、美しく、かつ斬新なデザインとして受け入れられるようになった。この煎茶碗もそうした流行を反映したものの一例として捉えることができよう。

関連リンク

雪の結晶模様煎茶碗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山水蘭引
獅子置物
蘭引・乳鉢
武雄城下屋敷図
顕微鏡
ページトップへ