文化遺産オンライン

双神像形鏡板付轡

そうじんぞうがたかがみいたつきくつわ

作品概要

双神像形鏡板付轡

そうじんぞうがたかがみいたつきくつわ

金属製品類

後期青銅器時代-鉄器時代/前1千年紀前半

H.9.5cm

1

岡山市立オリエント美術館

馬具も前1千年紀のルリスタン地方で多く出土します。轡(くつわ)はウマの口にくわえさせる銜(はみ)とその左右の頬あて(鏡板)から成ります。銜は棒状のものと中央で折れ曲がる連結式のものがあります。銜が棒状のものの方がウマをより強力に制御できます。銜の先端の輪には手綱を通します。鏡板内面に突き出た突起もウマのほほに刺激を与え、制御する効果がありました。

双神像形鏡板付轡をもっと見る

岡山市立オリエント美術館をもっと見る

キーワード

/ 鏡板 / くつわ / いたつき

関連作品

チェックした関連作品の検索