宮處八幡宮注連柱 みやどころはちまんぐうしめばしら

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 大正 / 中国・四国 

香川県
大正/1925
石造、間口5.3m、脇柱付
1基
香川県高松市前田西町字岡崎512
登録年月日:20131224
宗教法人宮處八幡宮
登録有形文化財(建造物)

境内下段の石段上に建つ。見付〇・六メートル見込〇・五メートル、高さ四・二メートルの花崗石製の本柱一対を間口五・三メートルに立て、各々の両側に脇柱を立てて石貫で繋ぐ。本柱間には注連縄を張る。端正な意匠の注連柱で、境内入口の景観を引き締める。

作品所在地の地図

関連リンク

宮處八幡宮注連柱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧平田家住宅門柱
讃留霊王神社鳥居
旧猪子家住宅門柱
宮處八幡宮本殿
松岡家住宅門柱
ページトップへ