本山寺冠木門 もとやまじかぶきもん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 明治 / 中国・四国 

香川県
明治/1910年
石造、間口4.4m、左右脇柱付
1基
香川県三豊市豊中町本山甲字新田1760-1
登録年月日:20141219
宗教法人本山寺
登録有形文化財(建造物)

間口四・四メートルの石造冠木門で、両側に潜門を付属し、本堂東辺の入口を雄大に構成している。本柱は大面取の五平で、上細りの形状とし、冠木上部に帯を回して木瓜形を表し、頂部には唐破風造の屋根を載せるなど、丁寧に加工した花崗岩を精緻に組んでいる。

関連リンク

本山寺冠木門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宮處八幡宮注連柱
倉の館三角邸(旧堺家住宅)東門
旧平田家住宅門柱
大橋家住宅表門
学習院正門
ページトップへ