東海道五拾三次之内 45 石薬師《石薬師寺》 とうかいどうごじゅうさんつぎのうち 45 いしやくし いしやくしじ

木版画 

歌川広重 (1797-1858)
うたがわひろしげ
日本
天保4-5年(1833-34)
木版多色刷
22.6×34.4cm
1

遠景に大きく描かれた山々。そのなだらかな形と色彩が何とも美しい名作。その山のふもとにあるのが石薬師寺。田圃の畔道をつきあたると石薬師寺の山門がある。その右手には宿場が広がる。田んぼでは稲刈りが終わっているので、季節は晩秋から初冬であろうか。叙情豊かな風景である。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道五拾三次之内 45 石薬師《石薬師寺》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海道五拾三次之内 10 小田原《酒匂川》
東海道五拾三次之内 52 石部《目川ノ里》
東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪
東海道五拾三次之内 石薬師・石薬師寺
東海道五拾三次之内 49 阪之下《筆捨嶺》
ページトップへ