檸檬持てる少女 れもんもてるしょうじょ

油彩画 / 大正 

三岸好太郎 (1903-1934)
みぎし こうたろう
大正12/1923
油彩・ボール紙(板で裏打ち)  額装
縦52.7×横45.3cm
第1回春陽会展 上野竹之台陳列館 1923

檸檬持てる少女
Girl holding a lemon
1923年
北海道立三岸好太郎美術館蔵[O-8]

果物を手に持つ断髪の少女像は一見して、岸田劉生の一連の麗子像を想起させる。上京後の三岸が個展などでそれらを実際に見ていた可能性は高い。しかし劉生の迫真的な写実とは異なり、この作品には素朴な味わいが込められている。人物描写に見る稚拙味は、当時日本に作品が紹介されて人気を呼んでいたアンリ・ルソーの画風にも通じる。そうしたいわば最新の流行を取り入れつつ、三岸は大らかなタッチによる色彩の対比に独自のセンスを打ち出している。
1922年に結成され、翌1923年5月に画壇の注目を浴びて開催された春陽会第1回展に、応募数2466点のうちから入選わずか29名50点という、50倍近い厳選を通った作品である。経済的に苦しかった三岸は、キャンバスを購入する資金も節約せざるを得ず、この作品をボール紙に描いている。

作品所在地の地図

関連リンク

檸檬持てる少女チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤い肩かけの婦人像
赤い肩かけの婦人像

三岸好太郎

支那の少女
支那の少女

三岸好太郎

兄及ビ彼ノ長女
兄及ビ彼ノ長女

三岸好太郎

黄服少女
黄服少女

三岸好太郎

崖ノ風景
崖ノ風景

三岸好太郎

ページトップへ