波照間島のムシャーマ はてるまじまのむしゃーま

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 沖縄 

選択年月日:19931126
保護団体名:波照間民俗芸能保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 日本最南端の島である波照間島【はてるまじま】で行われるもので、ムシャーマという語は、「ムッサーハー(おもしろいこと)」あるいは「ムシャー(武者あるいは猛者、亡者とも)」にちなむものともいい、明確ではないが、旧盆に島をあげて多種多様な民俗芸能を演じるものである。
 島全体が東、前、西の三組に分かれ、当日の朝、各組ごとに所定の場所に集まり、行列を組んで会場となる公民館へ進む。各組の列は、先頭と最後の部分の構成は共通で、先頭は大旗【ぶーばた】の旗持ち、次に五穀豊穣【ほうじよう】を意味するミルクヌナーリ(弥勒【みろく】の実【み】)とよぶ竹に色紙などを飾るものを持つ者、ミルク(弥勒【みろく】)、ミルクの椅子持ちと袖持ち役の二名の子ども、「五穀の籠」とよぶ竹かごを持つ少女二名、ミルクンタマー(ミルクの子ども)とよばれる一〇人ほどの子どもたち、さらに弥勒節【みるくぶしい】の歌い手と三味線(三線)、笛がつく。次からは組ごとに、豆【まみ】どうま節【ぶし】や稲摺節【いにすりぶし】など、その年々に準備された一〇ほどの芸能が、それぞれ歌い踊られながら続き、その間に魚釣りの様や、投網を打つ様を演じる者なども加わる。行列の最後の方は各組とも六尺棒、刀などを手に武術的な演技である棒【ぼー】を行う若者たち、太鼓【てーく】の若者たち、一番最後が二頭の獅子である。以上の行列が公民館に達すると、各組の太鼓、棒が披露され、続いて念仏踊【にんぶちやー】がある。午後から公民館の中庭に特設された舞台で、組ごとに舞踊や芝居の上演が続き、最後は各組の獅子舞となり、終わると朝と同様に行列を…

関連リンク

波照間島のムシャーマチェックした作品をもとに関連する作品を探す

小浜島の芸能
綾渡の夜念仏と盆踊
綾渡の夜念仏と盆踊
与那国島の祭事の芸能
西表島の節祭
ページトップへ