村野家住宅離れ むらのけじゅうたくはなれ

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 関東 

東京都
明治/1898-1912/1919-1926移築・1950・1991改修
木造平屋建、銅板葺、建築面積105㎡
1棟
東京都東久留米市柳窪4-283
登録年月日:20110126
株式会社兼七
登録有形文化財(建造物)

主屋の西側に渡り廊下を介して建つ。木造平屋建、建築面積一〇五平方メートル。主棟を東西棟の入母屋造、鉄板葺とし、東側に切妻屋根を南へ突出させる。トコや棚、付書院を構える主座敷と次の間を東西に並べ、東南隅に洋間を設ける。付書院欄間の彫刻が印象的。

作品所在地の地図

関連リンク

村野家住宅離れチェックした作品をもとに関連する作品を探す

村野家住宅主屋
鎌田家住宅離れ
植木家住宅離れ
渡辺家住宅主屋
金原家住宅離れ
ページトップへ