米原家住宅上門及び塀 よねはらけじゅうたくかみのもんおよびへい

住居建築 / 大正 / 中国・四国 

鳥取県
大正/1912~1918年
上門 木造、瓦葺、間口4.0m 塀 木造、瓦葺、総延長22m
1棟
鳥取県八頭郡智頭町大字智頭字町ノ内546
登録年月日:20141219
登録有形文化財(建造物)

主屋の東、智頭往来に面して開く。三間一戸薬医門で控柱を表側に立て、両脇にのびる塀の起点とする。屋根は切妻造桟瓦葺で棟の輪違積に十字紋をあしらう。両開板戸には大振りな八双金物を打ち、天井に幅広の隠岐スギを使う豪壮な門塀で、往来の景観を整える。

関連リンク

米原家住宅上門及び塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

米原家住宅下門及び塀
坂口家住宅門及び塀
室木家住宅門及び塀
有隣荘仕切門及び塀
新麹屋柏原家住宅門及び塀
ページトップへ