米原家住宅下門及び塀 よねはらけじゅうたくしものもんおよびへい

住居建築 / 明治 / 中国・四国 

鳥取県
明治/1906年頃
下門 木造、瓦葺、間口2.2m 塀 木造、瓦葺、総延長14m
1棟
鳥取県八頭郡智頭町大字智頭字町ノ内546
登録年月日:20141219
登録有形文化財(建造物)

主屋の南、備前往来に面して開く脇門。切妻造桟瓦葺の一間棟門で、通りより半間奥に建ち、両脇に塀が矩折で取付く。両開板戸に一枚板を張り、乳金物で閂を受ける。棟は青海波で飾り、施釉の鬼瓦には当家の家紋「菱木瓜」を入れる。備前往来側の景観を整える。

関連リンク

米原家住宅下門及び塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

米原家住宅上門及び塀
坂口家住宅門及び塀
石尾家住宅門及び塀
有隣荘仕切門及び塀
賀茂泉酒造門及び塀
ページトップへ