米原家住宅主屋 よねはらけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 明治 / 中国・四国 

鳥取県
明治/1906年頃
木造2階建、瓦葺、建築面積468㎡
1棟
鳥取県八頭郡智頭町大字智頭字町ノ内546
登録年月日:20141219
登録有形文化財(建造物)

智頭往来と備前往来の交差する角地に建つ。桁行一二間梁間七間と大規模で、屋根は入母屋造桟瓦葺で四周に下屋を廻らす。外壁は黒漆喰塗、腰はモルタル洗出で破れ目地を切り、出格子を連続させる。良材を駆使した座敷を多数有し、近代豪商の主屋の特徴を示す。

作品所在地の地図

関連リンク

米原家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

林田家住宅主屋
米原家住宅土蔵
米原家住宅下門及び塀
今尾家住宅主屋
有隣荘長屋門
ページトップへ