武装石人 ぶそうせきじん

考古資料 / 古墳 / 九州 

福岡県
古墳
1箇
福岡県みやま市瀬高町小川5
重文指定年月日:19760605
国宝指定年月日:
登録年月日:
みやま市
国宝・重要文化財(美術品)

円形の胄を被り、短甲を装着した大形な石人である。胄、短甲ともに地板三角板を表した形式である。腰には七段輪状の草摺を表している。朱の残りも顕著で、当初は朱彩鮮かな厳然とした武装石人であったと考えられる。総体的に定規格に表わされて、胄、短甲、草摺は実物を良く模している。明治四十四年、上楠田の石神山と名付けられている丘上を開墾中、大、中、小、三合の舟形石棺が発見された。この武装石人は、一番大きな石棺の上に南面して立っていたといわれている。現在は、八幡社後方の丘陵上に小祠堂を設けて保存され祀られている。

作品所在地の地図

関連リンク

武装石人チェックした作品をもとに関連する作品を探す

石神山古墳
石盾/石人/旧福岡県八女市岩戸山古墳所在
成合寺谷古墳
石人
八女古墳群<BR/> 乗場古墳<BR/> 石人山古墳<BR/> 岩戸山古墳<BR/> 善蔵塚古墳<BR/> 弘化谷古墳<BR/> 丸山塚古墳<BR/> 丸山古墳<BR/> 茶臼塚古墳
ページトップへ