若宮八幡神社境内日出藩主寄進石燈籠(8基) わかみやはちまんじんじゃけいだいひじはんしゅきしんいしとうろう4き

その他の画像全10枚中10枚表示

建造物 / 江戸 / 九州 

大分県
江戸時代/1620、1677、1677、1688、1764、1764、1838、1865
石造燈籠
燈籠1:総高2.2m、燈籠2:総高2.4m、燈籠3:総高2.2m、燈籠4:総高2.3m、燈籠5:総高4.3m、燈籠6:総高4.3m、燈籠7:総高2.8m、燈籠8:総高2.2m

1件
速見郡日出町2831番地1
日出町指定
指定年月日:20160202
若宮八幡神社
有形文化財(建造物)

日出藩主寄進石燈籠には、銘文に「豊冨」・「豊臣」姓を刻む。豊臣姓は全国相当数の大名衆などへ下賜されたが、大坂の陣の豊臣宗家滅亡後、その下賜及び使用は終焉を迎える。しかし、日出藩主木下氏は幕末に至るまで「豊臣」姓を使用し、単に日出藩主木下氏の歴史的事象に留まらず、「豊臣秀吉」「豊臣政権の支配体制」「大坂の陣」「徳川政権」など、日本史上の歴史的事象に深く関連する。この歴史性を如実に確認し得るところが、藩主木下氏が厚く崇敬した若宮八幡神社境内日出藩主寄進石燈籠群であり、歴史的価値の高い建造物群といえる。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

若宮八幡神社境内日出藩主寄進石燈籠(8基)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

若宮八幡神社境内日出藩主寄進石鳥居(4基)
松本城
長宗我部地検帳
豊臣秀吉画像
洲本城跡
ページトップへ