願成就寺銅造懸仏 がんじょうじゅじどうぞうかけぼとけ

その他の画像全6枚中6枚表示

工芸 / 鎌倉 / 九州 

不詳
大分県
鎌倉時代後期
銅、鋳造。尊像及び左右の華瓶は、鋳継ぎによる鏡板との一体鋳造。外郭の縁取りも覆輪とせず、鏡板との一鋳。壁面取付けのための鐶・鐶座はなく、外郭部両肩に吊り孔を穿つ。現状で…
鏡板径 56.3㎝ 同外郭幅 3.3㎝ 像総高 30.0㎝ 像高 27.2㎝ 頂~顎 10.2㎝ 面長 4.5㎝ 面幅 4.7㎝ 耳張 5.3㎝ 肘張 12.5㎝ 胸厚 3.8㎝ 膝張 4.8㎝ 膝奥 10.5㎝ 請花幅 15.7㎝ 華瓶高 6.0㎝
一面
速見郡日出町大字藤原字下免6596番1
日出町指定
指定年月日:40380325
赤松山願成就寺
有形文化財(美術工芸品)

[像容・作風]台形縁の大型鏡板に、一鋳半肉の十一面観音坐像を鋳出した懸仏。頭上に二段十面の仏頭を載せた十一面観音が、上半身に条帛と肩衣を左右両肩にほぼ対称形に着し、下半身は裳を着け、蓮台上に大きく張り出させ、左右対称な形で結跏趺坐する。両手を胸前にかかげ手に蓮華(欠失)をとり、左掌を開いて前に向ける。頭上面の一つ一つに表情を刻み、切れ長の眼の穏やかな面相であり、顎等を強調せず下膨れの輪郭を表現するなど、鋳造にしては総じて細やかな作域を見せる。鏡胎の荘厳は、一対の花瓶(蓮華は欠失)を半肉に表すのみで、それ以外は鐶座も含め、当初より表された形跡は無い。壁面取付けのための鐶・鐶座はなく、左右上方に径1.0㎝前後の穴を設け、吊鐶など何らかの懸垂装置を通したものとみられる。外郭の縁取りも覆輪とせず、一鋳で周縁のすぐ内側に、隆帯を界圏としてめぐらすのみである。鏡板下半を中心に尊像上方にかけ、著しい鋳欠けや鋳皺が認められ、尊像向かって左側の断裂も製作当初の現状とみられる。鋳型組み合わせや鋳込みなどに精良さを欠く点に、在地の鋳物師があたったものとみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

願成就寺銅造懸仏チェックした作品をもとに関連する作品を探す

願成就寺木造懸仏残欠
五尊懸仏
十一面観音懸仏
金銅聖観音像懸仏
十一面観音三尊懸仏 
ページトップへ