金銅聖観音懸仏 こんどうしょうかんのんかけぼとけ

金工 / 鎌倉 

鎌倉時代・建治元年(1275)
銅鋳造 鍍金
1面
重要文化財

 懸仏は御正体(みしょうたい)ともいい、鏡板と呼ばれる円形板に立体的につくった神仏像を取り付け、懸けられるようにしたもの。鎌倉時代の懸仏では丸彫り像に近い尊像を据えることが多くなるが、本作はその中でも早い頃の作例で、この時代を代表する懸仏の優品である。

作品所在地の地図

関連リンク

金銅聖観音懸仏チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅聖観音像懸仏
聖観音像懸仏
金銅山王十社御正体
蔵王権現像懸仏
十一面観音三尊懸仏 
ページトップへ