伊東富太郎家日記ならびに関連資料 いとうとみたろうけにっきならびにかんれんしりょう

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 近畿 

三重県
明治・大正・昭和
日記は明治2年のものが最も古く、昭和35年まで残されている。点数は年代不明のもの含め186点ある。当初は、横帳に毛筆で書かれているが、明治40年に常三郎が亡くなってからは、…
6409点
三重県桑名市多度町多度1-1-1
桑名市指定
指定年月日:20160330
有形文化財(美術工芸品)

記主の一人、伊東富太郎は、七取郵便局長や村長を務めるなど公職を歴任するかたわら、郷土史・金工史の研究者として、全国の研究者と交流するなど多度地域に留まらず、全国的にも知られる存在であった。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

伊東富太郎家日記ならびに関連資料チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧多度町議会関係資料
原敬日記 附 絶筆メモ及び本箱
原敬日記 附 絶筆メモ及び本箱

[日記・絶筆メモ]
原敬
[本箱]
不詳

村田小学校日誌
江川家関係写真
東京大学史関係資料
ページトップへ