糸崎の仏舞 いとざきのほとけのまい

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

無形民俗文化財 / 中部 

福井県
指定年月日:20040206
保護団体名:仏舞保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 糸崎の仏舞は、仏の面を着けた一〇人の舞手が、白い童子の面を着けた二人の幼児に見守られ、太鼓と鉦に合わせて舞うもので、今は行われなくなった舞楽の一演目をうかがわせるものである。
 糸崎町【いとさきちょう】は、日本海に面した越前加賀海岸国定公園の一部である。海岸線から小高くなった丘の上に育王山龍華院糸崎寺【いくおうさんりゅうげいんいとさきでら】観音堂がある。この観音堂の前の舞台で、隔年の四月十八日に、糸崎の仏舞が舞われている。
 観音堂の正面から一五メートルほど離れて、約五メートル四方で、高さ約七〇センチメートルの石組の仏舞の舞台がある。舞台の周囲は石の欄干が回っている。本堂と舞台は、幅九〇センチメートルほどの通路で結ばれている。舞台の奥側には奥行き約二・七メートルの舞台が別に付き雅楽の楽人や僧侶の席になる。また本堂から向かって舞台の右側には、舞台から一メートルほど離れて、高さ約二・六メートル、広さは二メートル四方ほどの石組の櫓があり、櫓の上にも石の欄干が回っていて、太鼓と鉦の席になる。当日は、午前中に櫓の周囲に紫の垂れ幕を下げ、通路や舞台の周辺には竹の先に赤布を付けた旗が配置される。
 公開当日になると、本堂の須弥壇の後方の部屋が、面を着けたり装束を着るための場所になる。成人八人の舞人は、黒頭巾で頭を包み金色の仏の面を着け、黒の法衣【ほうえ】をまとい袈裟をかけ、白い手袋を着ける。頭に飾りの付いた天冠【てんかん】をかぶり手に何も持たない四人を手仏【てほとけ】と呼ぶ。他の四人は頭に輪光【りんこう】の宝冠をかぶっていて、そのうち左手に小さい太鼓…

作品所在地の地図

関連リンク

糸崎の仏舞チェックした作品をもとに関連する作品を探す

糸崎の仏舞
南部切田神楽
阿刀神楽
百村の百堂念仏舞
泡瀬の京太郎
ページトップへ