有岡城跡 ありおかじょうあと

その他の画像全2枚中2枚表示

城跡 / 近畿 

兵庫県
伊丹市宮ノ前・伊丹
指定年月日:19791228
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

S54-6-041有岡城跡.txt: 摂津[[伊丹]いたみ]の地は、鎌倉末期頃から伊丹氏が居住した所である。伊丹氏は、南北朝の内乱の際、足利氏につき軍功をたて、現在の国鉄福知山線伊丹駅周辺に居を構えていた。その居館は、たびたび、細川氏・赤松氏・三好氏・柳本氏・一向一揆衆の攻める所となり、少なくとも永正16年・享禄2年には落城している。伊丹氏の城は、天正2年、荒木村重によって落され、以後、摂津の大名荒木村重の本城として大改修された。それにつれ、城名も有岡城と改められた。天正7年9月、村重の没落後は、池田之助が城主となり、城名を伊丹城に復したが、天正11年、池田氏が摂津より美濃に転封を命ぜられて以後は、伊丹の地は豊臣秀吉の直轄地となり、城も廃されたらしい。
 この城は、旧伊丹郷町の中央部東端、段丘が東に張り出した地形を利用して造られているが、その最終期、荒木氏時代の城の輪郭は、寛文9年の伊丹郷町古図、伊丹元禄大火之図及び延宝5年の昆陽口村古図等によっておおまかに知ることができる。寛文9年の古図によれば、濠で囲まれた城域は、東西二条の空濠、南北一条の空濠によって5区画に分けられており、北側に本丸、東側中央に天守、東側南に二ノ丸金間が造られ、西側も2つに分けられている。おそらく、北側から東にかけての一帯が本丸で、その南には二ノ丸が置かれていた構えであったと思われる。
 この城跡は、明治26年の軽便鉄道とこれに続く阪鶴鉄道(現国鉄福知山線)の開通によってこわれ、城跡の東側は、鉄道施設や道路敷等のため大きく切り崩された。したがってこの城跡は、現在、西側の一部が残っているにすぎ…

作品所在地の地図

関連リンク

有岡城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

二本松城跡
横須賀城跡
田中城跡
苗木城跡
高天神城跡
ページトップへ